フットサルの競技ルールをサッカーと比較しながら分かりやすく解説!

サッカー大会・フットサル大会情報 フットワン
サッカー大会・フットサル大会情報 フットワン
フットワントップ フットサルコート 個人参加 フットサル・サッカー大会 フットサルスクール フットサルリーグ サッカーチーム・フットサルチーム管理
 
フットサル競技規則
  第12条 反則と不正行為

反則と不正行為は、次のように罰する:

直接フリーキック
競技者が次の6項目の違反を、不用意に、無謀に、あるいは過剰な力で犯したと主審が判断した場合、直接フリーキックを相手チームに与える:
・相手競技者をける、またはけろうとする
・相手競技者をつまずかせる、またはつまずかせようとする
・相手競技者に飛びかかる
・相手競技者をチャージする
・相手競技者を打つ、または打とうとする
・相手競技者を押す

次の項目の違反をしたときも、直接フリーキックを相手チームに与える:
・相手競技者を抑える
・相手競技者につばを吐きかける
・相手競技者がボールをプレーしている、あるいはプレーしようとしているときに、ボールをプレーしようとしてすべる(スライディングタックル)、 ただし、不用意に、無謀に、あるいは過剰な力で行わない限り、自分のペナルティーエリア内のゴールキーパーを除く
・ボールを保持しようとしてボールに触れる前に相手競技者に触れる。
・ボールを手または腕で意図的に扱う、ただし、自分のペナルティーエリア内のゴールキーパーを除く

直接フリーキックは、上記の違反の起きた地点から行う。
ただし、フリーキックが守備側チームに対してそのペナルティーエリア内で与えられた場合、 フリーキックはペナルティーエリア内のいずれの地点から行ってもよい。

上記の項目の反則は、累積される反則である。

ペナルティーキック
競技者が自分のペナルティーエリア内で上記の項目の違反をボールがインプレー中に犯した場合、ボールの位置に関係なく、ペナルティーキックを与える。

間接フリーキック
ゴールキーパーが次の項目の反則を犯した場合、間接フリーキックを相手チームに与える:
・保持していたボールを離した後、ボールがハーフウエーラインを越える前に、または相手側によって触れられるかプレーする前に、味方競技者からボールを受ける
・味方競技者によって意図的にゴールキーパーにキックされたボールを手で触れるか手でコントロールする
・味方競技者がキックインしたボールをゴールキーパーが直接手で触れるか手でコントロールする
・自分自身のハーフ内で、4秒を超えてボールを手または足で触れるかコントロールする。

競技者が次の項目の違反を犯したと主審が判断したときも、違反の起きた地点から行う間接フリーキックを相手チームに与える:
・危険なプレーをする
・ボールをプレーしていないとき、意図的に相手の前進を妨げる
・ゴールキーパーがボールを手から離すのを妨げる
・競技者を警告し、あるいは退場させるためにプレーを停止する違反で、12条のこれまでに規定されていないその他の違反を犯す

間接フリーキックは、違反のおきた地点から行う。ただし、その地点がペナルティーエリア内の場合、 違反の起きた地点に最も近いペナルティーエリアライン上から間接フリーキックを行う。

懲戒の罰則
競技者または交代要員のみにレッドまたはイエローカードが示される。
主審および第2審判は、ピッチに入ったその時から試合終了の笛を吹いたのちピッチを離れるまで、懲戒の罰則を行使する権限を持つ。

警告となる違反
競技者が次の項目の違反を犯した場合、警告を与え、イエローカードを示す:

反スポーツ的行為を犯す
言葉または行動によって異議を示す
繰り返し競技規則に違反する
プレーの再開を遅らせる
コーナーキック、キックイン、フリーキックまたはゴールクリアランスでプレーを再開するとき、規定の距離を守らない
主審または第2審判の承認を得ずピッチに入る、復帰する、または交代 の手続きに違反する
主審または第2審判の承認を得ず意図的にピッチから離れる

これらの違反があった場合、相手チームに違反の起きた地点から行う間接フリーキックを与える。 競技規則のより重大な違反を犯していなければ、警告を与える。 ただし、違反があった地点がペナルティーエリア内の場合、その地点に最も近いペナルティーエリアライン上から間接フリーキックを行う。

退場となる違反
競技者が次の項目の違反を犯した場合、退場を命じ、レッドカードを示す:

著しく不正なプレーを犯す
乱暴な行為を犯す
相手競技者あるいはその他の者につばを吐きかける
意図的に手でボールを扱って、相手チームの得点あるいは決定的な得点の機会を阻止する (自分のペナルティーエリアにいるゴールキーパーが行ったものに適用しない)
フリーキックあるいはペナルティーキックとなる違反で、ゴールに向かっている相手競技者の決定的な得点の機会を阻止する
攻撃的な、侮蔑的な、あるいは口汚ない発言をする
同じ試合の中で2つ目の警告を受ける

競技者が他の違反を犯すことなく項目6または7の反則を犯し、退場を命じるためにプレーを停止した場合、違反の起きた地点から行う間接フリーキックを相手チームに与え、試合を再開する。 ただし、その地点がペナルティーエリア内の場合、その地点に最も近いペナルティーエリアライン上から間接フリーキックを行う。

決定事項
●決定1
退場を命じられた競技者は、以後その試合に復帰することはできないし、 交代ベンチに着席することも許されない。 退場の後、完全に2分間が経過する前に得点がない場合、2分間が経過した後に補充の競技者は試合に入ることができる。 補充のために入る競技者はタイムキーパーの承認を得るものとする。 2分間経過する前に得点があった場合、次を適用する:
・競技者が5人対4人のとき、人数の多いチームが得点した場合、4人のチームは5人目の競技者を補充できる
・両チームがともに4人の競技者でプレーしているとき、得点のあった場合には、両チームとも同じ数の競技者のままとする
・5人対3人あるいは4人対3人の競技者でプレーしているとき、人数の多いチームが得点をした場合、3人のチームは1人だけ競技者を補充できる
・両チームがともに3人の競技者でプレーしているとき、得点のあった場合には、両チームとも同じ数の競技者のままとする
・人数の少ないチームが得点した場合には、そのままの人数で試合を続ける

●決定2
第12条の規定に関連して、ボールがハーフウェーラインを越える、または相手競技者が触れるかプレーしていれば、 競技者は頭や胸、膝などを使って味方のゴールキーパーにボールをパスすることができる。
しかし、競技者が規則の裏をかくために意図的に策略を用いたと主審または第2審判が判断した場合には、 その競技者は反スポーツ的行為を犯したことになる。競技者に警告を与え、イエローカードを示し、 違反の起きた場所から行う間接フリーキックが相手チームに与えられる。
これらの場合、ゴールキーパーがそのボールに手で触れたか否かは関係しない。
第12条の条文とその精神に反する策略を試みた競技者によって反則がなされたのである。

●決定3
相手の安全に危険を及ぼすようなタックルは、著しく不正なプレーとして罰せられる。

●決定4
ピッチ上のどこであっても、主審を欺くことを意図したシミュレーションは、全て反スポーツ的行為として罰せられる。

●決定5
得点を喜ぶためにジャージーを脱いだ競技者は、反スポーツ的行為で警告されなければならない。

フットサルルールページトップへ戻る
都道府県を指定
コートの条件で絞り込む
施設名で検索
人工芝ロングパイルゴムチップ入
人工芝ロングパイル
屋内
屋根あり
フロア
コート大 ※コート大…国際規格(38m x18m)を満たしたサイズ
チーム情報の管理・編集や、
ポイントの確認が行えます。
フットワンコート予約
フットサル社内大会請け負います
フットサル社内大会請け負います
フットワン東陽町
スポーツワン運営サイト
[ スポーツ総合サイト スポーツワン ] [ スポーツ大会検索サイト ] [ マラソン大会検索サイト ] [ 駅伝大会検索サイト ] [ ウォーキング大会検索サイト ] [ 競技ルール ]
[ サッカー・フットサル総合サイト フットワン ] [ フットサル大会・サッカー大会検索サイト ] [ フットワンリーグ ] [ フットワン東陽町 ]
[ サッカースクール情報サイト ] [ フットサルコート予約・検索 ] [ チーム管理 ] [ フットサルルール ]
フットサル大会 - 地域別 [ 東京 ] [ 神奈川 ] [ 横浜 ] [ 埼玉 ] [ 千葉 ] [ 関西 ] [ 大阪 ] [ 兵庫 ] [ 京都 ] [ 滋賀 ] [ 奈良 ] [ 和歌山 ]
[ バスケットボール大会検索サイト フープワン ] [ 関西バスケットボール大会 ]
サービス