フットサルの競技ルールをサッカーと比較しながら分かりやすく解説!

サッカー大会・フットサル大会情報 フットワン
サッカー大会・フットサル大会情報 フットワン
フットワントップ フットサルコート 個人参加 フットサル・サッカー大会 フットサルスクール フットサルリーグ サッカーチーム・フットサルチーム管理
 
フットサル競技規則
  第9条 プレーの開始および再開

試合前
エンドの選択は、コイントスによって決める。 トスに勝ったチームが試合の前半に攻めるゴールを決める。

他方のチームが、試合開始のキックオフを行う。トスに勝ったチームは、試合の後半開始のキックオフを行う。

試合の後半には両チームはエンドをかわり、前半と反対のゴールを攻める。

キックオフ
キックオフは、プレーを開始する、または再開する方法のひとつである。
・試合開始時
・得点のあと
・試合の後半開始時
・延長戦が行われるとき、その前、後半の開始時

キックオフから直接得点することができる。

進め方
・すべての競技者は、ピッチの味方半分内にいる
・キックオフをするチームの相手チームは、ボールがインプレーになるまで3m以上ボールから離れる
・ボールは、センターマーク上に静止している
・主審が合図をする
・ボールが蹴られて前方に移動したとき、ボールがインプレーとなる
・キッカーは、他の競技者がボールに触れるまではボールに再び触れない

一方のチームが得点をあげたあと、他方のチームがキックオフを行う。

違反と罰則
他の競技者がボールに触れる前に、キッカーがボールに再び触れた時:
・違反の起きた地点から行う間接フリーキックを相手チームに与える。

キックオフの進め方のその他の違反に対してキックオフを再び行う。

ドロップボール
ドロップボールは試合を再開する方法のひとつで、ボールがインプレーのときに、ボールがタッチラインやゴールラインを越える前に、 競技規則に他に規定されていない理由によって必要が生じた一時的な停止のあと行う。

進め方
主審は、プレーを停止したとき、ボールのあった地点でボールをドロップする。

違反と罰則
次の場合、ボールを再びドロップする:
・ボールがピッチ面に触れる前に、競技者がボールに触れる
・ボールがピッチ面に触れたあとで、競技者に触れずにピッチの外に出る

特別な状況
自分のペナルティーエリア内で与えられた守備側チームのフリーキックは、ペナルティーエリア内の任意の地点から行う。
相手のペナルティーエリア内で与えられた攻撃側チームの間接フリーキックは、違反の起きた地点に最も近いペナルティーエリアライン上から行う。
ペナルティーエリア内でプレーを一時的に停止したあとに試合を再開する場合、 ドロップボールは、プレーを停止したときにボールのあった位置に最も近いペナルティーエリアライン上で行う。

フットサルルールページトップへ戻る
チーム情報の管理・編集や、
ポイントの確認が行えます。
フットワンコート予約
フットサル社内大会請け負います
フットサル社内大会請け負います
フットワン東陽町
スポーツワン運営サイト
[ スポーツ総合サイト スポーツワン ] [ スポーツ大会検索サイト ] [ マラソン大会検索サイト ] [ 駅伝大会検索サイト ] [ ウォーキング大会検索サイト ] [ 競技ルール ]
[ サッカー・フットサル総合サイト フットワン ] [ フットサル大会・サッカー大会検索サイト ] [ フットワンリーグ ] [ フットワン東陽町 ]
[ サッカースクール情報サイト ] [ フットサルコート予約・検索 ] [ チーム管理 ] [ フットサルルール ]
フットサル大会 - 地域別 [ 東京 ] [ 神奈川 ] [ 横浜 ] [ 埼玉 ] [ 千葉 ] [ 関西 ] [ 大阪 ] [ 兵庫 ] [ 京都 ] [ 滋賀 ] [ 奈良 ] [ 和歌山 ]
[ バスケットボール大会検索サイト フープワン ] [ 関西バスケットボール大会 ]
サービス